院長挨拶このページを印刷する - 院長挨拶

院長就任のご挨拶

独立行政法人国立病院機構 熊本再春医療センター

院 長  上山 秀嗣

平素より当院に暖かいご支援とご協力をいただき厚くお礼申し上げます。

平成27年4月より4年間にわたり当院の院長を務めてこられました米村 憲輔先生が、本年3月末をもって定年退職され、4月より不肖、上山 秀嗣(脳神経内科)が10代目となる院長を拝命する事となりましたのでお知らせ申し上げます。また、副院長には緒方 宏臣(整形外科)が昇任しましたので併せてお知らせ申し上げます。

当院は、長い間「独立行政法人国立病院機構熊本再春荘病院」として皆様方に親しまれてきましたが、この度、平成31年4月1日より病院名を「独立行政法人国立病院機構熊本再春医療センター」と名称変更致しました。これまでと同様に政策医療を推進する一方で、熊本県北部地域の救急急性期医療を担う中核病院として努めていきますとともに、地域医療の更なる発展に貢献していく所存でございます。そして、平成28年10月より着工しました新病棟・外来棟の建替整備工事ですが、平成31年6月に竣工し9月より運用開始となる予定です。新耐震基準に適合した8階建ての鉄骨建物で、地域のランドマークとなれるよう皆様方とより緊密な医療連携を図って参りたいと思います。

今後も熊本県地域医療支援病院、熊本県指定がん診療連携拠点病院、熊本県難病診療分野別拠点病院、そして3月より新たに指定されました熊本県地域医療拠点病院として、責任ある地域医療への貢献に努めてまいりますので、皆様には今後とも変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

平成31年4月1日